「自宅の間取りを決めたいが、知識がなくて困っている。」
「住みやすい家を実現したいので、家事動線の良い家について知りたい。」
このような悩みを持たれている方は多いでしょう。

そんな皆様に向けて、家事動線のポイントと家事動線が悪い場合の問題点について紹介します。
お客様のお悩み解決に役立ててください。

□家事動線のポイントを紹介します!

ここでは、大きく2つのポイントについて解説します。

1つ目は、キッチンから浴室や洗面所に至る動線を工夫することです。
家事を行う際は、一度に複数のタスクを行う方が多いのではないでしょうか。
家事をる場所の回遊性が高いと、効率よく作業を進められます。

キッチンのみならず、廊下、洗面所に至る動線がしっかりと確保されていれば、料理をしながら複数の家事を同時に行えます。
料理の途中で洗濯物を干しに行ったり、洗濯物を回したりできれば非常に楽ですよね。
動線は複数確保することを意識しましょう。

2つ目は、コンセントの配置と数に注意することです。
家を建てる段階から、コンセントの使い道を正確に考える必要はありません。
しかし、あらかじめ簡単にコンセントの使い方を考えておくと後々非常に楽です。
カウンターの両端に4口コンセントを付けると便利なので、ぜひ試してみてください。

場所や数を工夫しても、いざ使用する時にホコリが溜まっていたり、他の物の陰に隠れたりしてコンセントが使いにくい場合があります。
ストレスを貯めないためにも、しっかりと確認できる場所にコンセントを設置しましょう。

□間取りの失敗!

今回は、回遊性の良さが逆にデメリットになってしまった例を解説します。

洗面所とキッチン間の動線が短いと、収納場所が少なくなるという問題が発生します。
動線を考える際、回遊性を意識することは大切です。
しかし、キッチン収納や洗面所収納も生活を豊かにする上で欠かせない機能です。

回遊性を重視しすぎたあまり、収納が足りずに困っているという声が上がっています。
収納と動線どちらかを優先しすぎてしまうと、逆に生活しづらい環境を生んでしまう可能性があるのです。
そのため、間取りを考える際には全体のバランスを意識して動線を考えましょう。

□まとめ

ここまで、住みやすい家を実現したい方に向けて、家事動線のポイントと間取りの失敗について紹介してきました。
お客様のご理解は深まったでしょうか。
回遊性を考えつつも、必要な設備機能は残す必要があります。
ご自身で一定の基準を設けた上で、住みやすい家づくりに取り組みましょう。

Follow me!