今回はZEHに関する基本的な情報と、ZEH住宅の判断基準についてご紹介します。

□ZEHとは

ZEHは住宅の断熱性や省エネ性を上げることによってエネルギー消費が正味ゼロの住宅のことを指します。
地球温暖化が問題視されている現在、ZEH住宅は注目を浴びています。
ZEH化を実現させるためには、「断熱」「省エネ」「創エネ」の3つの要素が必要不可欠です。
断熱性や省エネ性を向上させ、太陽光発電のような創エネ設備を使用することで電気の自給自足を可能にします。
それによりエネルギー量の収支がプラスマイナスゼロの状態を作れます。

□ZEH住宅の判断基準とは

ZEH住宅の認定を受けるためにはどのような基準を満たす必要があるのでしょうか。
ここでは、ZEH住宅の4つの判断基準についてご紹介します。

1)強化外皮基準を満たしていること。

強化外皮基準(全国の地域ごとに要求されている断熱性能の指標・省エネ基準を満たしながら、さらにUA値を強化した基準のことです。 )は住宅の外皮の断熱性を確認するための基準です。
この基準を満たすことで省エネ性が高い住宅であることを判断できます。

2)基準一次エネルギー消費量を20パーセント以上削減すること。

ここで、一次エネルギーとは 、石油や石炭などの自然界から直接得られるエネルギー源のこと言います。
そして、基準一次エネルギー消費量の20パーセント以上削減は、再生可能エネルギーで生産されてプラスとなる分は除外して、住宅の省エネ化によって基準一次エネルギー消費量が20パーセント削減されることを指します。
一次エネルギーの消費量を削減するためには、住宅の断熱性能を高めたり、空調や給湯器などの設備機能を効率化したりする方法があります。

3)再生可能エネルギーを導入すること。

再生可能エネルギーとは、太陽光、風力、水力、地熱などの使用しても無くならないエネルギーのことを指します。
ZEH住宅では一般的に太陽光発電を導入します。

4)上記で紹介した3つの方法により基準として定められている一次エネルギー消費量の100パーセント以上を削減すること。

つまり、2つ目に紹介した一次エネルギー消費量20パーセント削減に加え、太陽光発電の導入などから再生可能エネルギーを創出することにより一次エネルギーの消費量を削減することが条件となります。

□まとめ

今回はZEHに関する基本的な情報と、ZEH住宅の判断基準についてご紹介しました。
注文住宅をお考えの際はぜひ参考にしてくださいね。
また、当社ではZEHの性能とほぼ変わらない、もしくはそれ以上の省エネ性能を備えている「呼吸する家」という住宅を提供しています。
興味のある方はぜひ一度ご相談ください。

Follow me!