自然素材を使った住宅を検討中の皆さん、どのようなメリットとデメリットがあるかご存知ですか。
自然素材の家は、人や環境に優しいといったメリットがあります。
またアレルギー症状をお持ちでお悩みの方は、この記事を参考にしていただけると幸いです。

□住宅で使われる自然素材について解説します!

自然素材の家で使われる主な素材と言えば、無垢材や漆喰、珪藻土などが挙げられます。
ここでは、素材の特徴を簡単に紹介します。

まずは無垢材です。
これは天然の木を乾燥させて作った木材のことで、建材として多く利用されています。
特にフローリングに採用されることが多く、温かみがあるのが特徴です。

続いて、漆喰や珪藻土です。
どちらも耐火性に優れているという特徴があり、塗り方次第で独特な模様も付けられます。
また、自然素材にこだわった家では、木材や内装材に加えて、断熱材や接着剤でも自然素材を使用しています。
そのため、素材にこだわる方はしっかりと確認しましょう。

□自然素材の家のメリットとデメリットとは

自然素材は人にも環境にも優しく、健康的で気持ちの良い住まいだということをご存知の方は多いでしょう。
一方で、材料費やメンテナンス費用が高いのではないかと心配している方もいらっしゃるかもしれません。
そこで、自然素材を使うメリットとデメリットを素材ごとに解説します。

まずは、無垢材です。
肌触りの良さや木特有の香りにはリラックス効果があり、時間と共に経年変化を楽しめるという特徴があります。
さらに、木に含まれる精油にはダニやカビの発生を抑える効果があり、温度や湿度の調節にも優れているなどのメリットが挙げられます。
一方で、天然の素材なので色のばらつきがあることや、天然の木材が乾燥することで変形や変色する可能性があることはデメリットと言えるでしょう。

続いて、漆喰です。
この素材は、空気中の二酸化炭素を少しずつ吸収し、ゆっくりと固まる性質を持っています。
さらに、徐々に時間をかけて硬くなることで、時間がたっても劣化がしづらく、塗りたての時とほとんど見た目が変わらないというメリットもあります。
一方で、漆喰を使用する作業では工程が多く工期が長くなってしまうという点がデメリットとして挙げられます。

最後に、珪藻土です。
この素材は、非常に優れた湿度の調節機能を持っているので、部屋の中の消臭や脱臭効果があります。
さらに、珪藻土には内部に小さな穴が空いているので、音の吸収も可能です。
一方で、自ら固まる素材ではないので乾燥するとひび割れをしてしまう可能性があるということはデメリットと言えますね。

□まとめ

この記事では、住宅で使われる自然素材とそのメリット、デメリットについて解説しました。
当社では、喘息やアトピー、アレルギーなどでお悩みの方に向けてそれらの原因となるカビやダニが発生しづらい呼吸する家を提供しています。
家のアレルギーなどでお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

Follow me!