「木の家に関心があるが、知識がなくて困っている。」
「自宅を木造にするかどうか悩んでいて、木の家に関するデメリットを知りたい。」
このような悩みを持たれている方は多いでしょう。

今回はそのような方、木の家に使用される木材の特徴と木の家のデメリットをご紹介します。
お客様のお悩み解決に役立ててください。

□木造住宅に使用される木材の種類と特徴を紹介します!

この章では、住宅によく使用される5種類の木材について紹介します。

1つ目は、ヒノキです。
日本の神社や仏閣にも使用されているほど、耐久性の高さに信頼がある木材です。
抗菌・消臭効果が期待でき、肌触りと木目の美しさが際立つ点が魅力です。
木材の中では比較的価格が高い点がネックです。

2つ目は、スギです。
加工しやすい点が魅力的で、さまざまな用途で使用できる木材です。
桁や梁に使用されることが多いです。

3つ目は、ケヤキです。
木目の美しさと、頑丈さが特徴の木材です。

4つ目は、ブナです。
丈夫な幹にしなやかさを併せ持っているため、加工しやすい点が特徴です。
家具に使用されることが多いです。

5つ目は、ウォルナットです。
頑丈さとツヤ感が特徴的です。
家具やフローリング材に使用されます。

□木の家のデメリットを紹介します!

ここでは、大きく2つのデメリットを紹介します。

1つ目は、耐久性・耐震性が鉄筋に比べて劣ることです。
鉄筋造りの家に比べると、木の家にはどうしても脆いイメージが付きまとうでしょう。
しかし近年は、住宅に使用される木材の質や耐震工事の技術が向上しているため、以前に比べると耐久性が向上しています。

2つ目は、カビやシロアリが発生しやすいことです。
湿度が高くなると木材が腐敗するため、カビやシロアリが発生する場合があります。

シロアリは木材を食害するため、一度家に入り込むと大きな損害を受けてしまいます。
カビが生えると異臭が漂うため、快適な生活がストレスフルな生活になってしまうでしょう。
木造住宅を検討している方は、カビやシロアリを発生させないように、湿気対策を万全にしてください。

□まとめ

今回は、木造住宅に使用される木材の特徴と木造住宅のデメリットについてご紹介してきました。
お客様のご理解は深まっていたら幸いです。
木の家は材質や匂いの心地よさから非常に人気がありますが、一定数デメリットも存在します。
この記事でご紹介したデメリットを考慮した上で木の家にするかどうか考えてみてください。

Follow me!