「新築住宅を検討しているが、住宅の日当たりが気になっている」というような悩みを持たれている方は多いでしょう。
賃貸物件でも、日当たりが悪いために、ずっと電気をつけっぱなしにしなければいけないというのは、良く聞きます。

そんな皆様に向けて、日当たりの悪い家で後悔するポイントと、その改善方法についてご紹介します。

□日当たりが悪い家を建てると後悔するポイントを紹介します!

日当たりの悪さで後悔した方の事例を5つ紹介します。

1つ目は、冬場にかけて非常に寒くなるため、快適に過ごせなることです。
2つ目は、リビングやキッチンに光が入らないため、寂しい雰囲気が漂ってしまうことです。
3つ目は、電気代が高くなることです。
光が入れば電気をつけずに済む場合がありますが、日当たりが悪いと1日中電気をつけておく必要があります。
かなりの高額になるので大きな痛手です。
4つ目は、庭に苔が生えたり、家の内部にカビが生えたりすることです。
湿気が溜まっている環境に生えてくるため、日当たりの悪い環境では注意が必要です。
5つ目は、洗濯物を1階に干した場合、乾きが悪くなってしまうことです。
日当たりが悪いと上記のような悪影響が出てきます。
住宅を設計する際は十分に計画を立てて日当たりの良い環境を作りましょう。

□日当たりが悪い状況を改善する方法を紹介します!

1つ目は、住宅の一部分を吹き抜け構造にして、光を取り込むことです。
居住空間が1階の方は、2階に近い部分から、リビングの中に光を入れると明るい状態を保てます。
吹き抜け構造をつくると、エアコンが1台で済む場合もあるので、電気代を節約できたりもします。
天気の良い日には1階から青空を見られるので、気持ちの良い一日を過ごせるでしょう。

2つ目は、庭を作り、光を取り込むことです。
庭を作ることで、隣の家との距離をとれます。
隣の家と離れると光が入りやすくなるので、日当たり状況を改善できます。
一方で、庭は湿気に対して弱い状態になり、苔が生える可能性が高まるので、庭の水分を減らすような工夫を行いましょう。

□まとめ

ここまで、住宅の日当たりが気になっている方に向けて、日当たりの悪い家で後悔するポイントと、その改善方法についてご紹介してきました。
日当たりが悪いと暗くなり、気分も落ち込んでしまいますし、家計的にも、気分的にもマイナスな影響を与えてしまいます。
新築住宅をお考えの方は日当たりをよく考えましょう。

 

Follow me!