マイホームを建てたい方は、みなさん、「快適な家を作るにはどうしたらいいのか?」
と考えていらっしゃると思います。
今回は、快適な家の特徴と、快適な家づくりのために大切な収納に関してご紹介します。

□快適な家の特徴とは

ここでは快適な家に求められる5つのポイントについてご紹介します。

1つ目のポイントは、「広さ」です。
「広さですか?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ご家族の人数や、生活様式で、必要な広さが違ってきます。
快適な家を作るためにある程度の広さを確保することは大切です。
しかし、ただ広いのが良いわけではありません。
家族の生活スタイルに合わせた広さに調節することが重要です。

2つ目のポイントは、採光や風通しです。
暗い部屋、窓が開けにくいなどの風通しの悪い室内は、快適とは言えません。
光を取り入れ、風通しの良い快適な家にするためには窓のサイズや配置に気を付けましょう。
空気の流れもちゃんとチェックしましょう。

3つ目のポイントは、断熱性です。
温度差は、家族の不調につながります。
断熱性は部屋ごとの温度差を最低限に抑えるために大切なポイントです。
また、断熱性が高い家は室内の空気が逃げにくく、空調設備の過度な使用を抑えられます。

4つ目のポイントは、内装です。
視覚から入ってくる情報も、快適な家を作るために大切なポイントです。
床や壁の色、素材が違うだけで室内の印象が変わりますので、しっかり考えることが大切です。

5つ目のポイントは、キッチンとダイニングの動線です。
キッチンとダイニングはよく行き来しますよね。
キッチン、ダイニング、リビングが一体になったLDKが近年人気を集めていますが、間取りによって動線が変わります。
冷蔵庫の置き場所一つで、随分と使いやすさが変わります。
快適な家にするためには、スムーズに動ける動線となるように注意することをおすすめします。

□より快適な家にするための収納とは

快適な家を作るためには、間取りに関すること以外に収納も大切なポイントです。
収納を上手にするためには、まずはモノを減らすことから始めましょう。
一旦、すべての食器や備品を収納している場所から出してみると、寮の多さに驚きますよ。
その中から、「本当に必要なもの」を選んでいきましょう。
空いているスペースに素敵なものが入ってくるといいますね。
持ち物が多いからといって、収納家具を増やすのは、逆効果です。
具体的には、食器はよく使うものだけ収納する、洋服はクローゼットのサイズに合わせて枚数を調整することで物が整理整頓された快適な家を保てます。

□まとめ

今回は、快適な家の特徴と、快適な家づくりのために大切な収納に関してご紹介しました。
快適な家を作る際にぜひ参考にしてくださいね。
また、当社では快適さは勿論のこと、健康にも環境にも優しい住宅をご提供しています。
注文住宅でお困りでしたら、ぜひ一度ご相談ください。

 

Follow me!