この記事をご覧の皆さんは
「夏冬の温度調節はどのようにすれば良いのだろう」「人が快適に過ごせる温度について知りたい」
このようなお悩みを抱えているかもしれません。
そこで今回は、人が快適に過ごせる温度と、温度と湿度を快適に保つ方法を解説します。

□人が快適に過ごせる温度の目安についてご紹介!

部屋を快適な温度に保つと日々を心地良く過ごせるようになり生活の質も上がります。
ここでは室温において何度が適温なのかご説明しましょう。

一般的な室内の適温は季節によって基準があります。
夏場は温度が25度から28度で、湿度は45%から60%、冬場は18度から22度で、湿度は55%から65%です。
ここからも分かるように、夏場と冬場では7度ほどの違いがあります。
したがって、季節にかかわらず温度や湿度を一定に保てば良いというわけではないのです。

また、これらの温度や湿度は絶対的なものではなく、人によっても異なります。
例えば冷え性の方の場合はもう少し暖かく保つ必要があるかもしれませんし、声を使う仕事をしている場合は湿度を高く保つ必要があるかもしれません。
ご自身の体調や特性に応じて柔軟に変更するようにしてください。

□温度と湿度を快適に保つ方法についてご紹介!

それでは上記のような温度と湿度を快適に保つためにはどのようにすれば良いのでしょうか。
ここで詳しく解説するので空間づくりにお役立てください。

1つ目はエアコンの除湿機能や加湿器を利用することです。
蒸し暑い日を快適に過ごすための方法は除湿をすることです。
湿度を低く設定することで汗が蒸発しやすくなります。

一方寒くて乾燥する場合は加湿をすると良いでしょう。
温度が変わらなくても暖かく感じます。

2つ目は扇風機を使って空気の流れを良くすることです。
冷たい空気は下にたまりやすく温かい空気は上にたまりやすいので、サーキュレーターや扇風機を使って空気を循環させることも重要です。
室内の温度のむらが減ります。

3つ目はカーテンなどで断熱・遮熱をすることです。
窓は室温調節をする際に重要な役割を果たします。
夏場は日差しが当たることで室内の温度が上がりやすくなりますし、冬場は温かい空気が逃げてしまって室温が下がってしまいます。
これらの現象を防ぐためにカーテンやブラインドなどで断熱や遮熱をするようにしましょう。

□まとめ

この記事では、人が快適に過ごせる温度について解説しました。
一般的な室内の適温は、夏場で25度から28度、冬場は18度から22度です。
快適な温度を保つためにエアコンの除湿機能や加湿器、扇風機を利用しましょう。
この記事を参考にしていただけると幸いです。

Follow me!