「住居を考えているが結露のしない家に住みたい」「結露のしない家にするためには、どうすれば良いのか」
このような悩みをお持ちの方はいらっしゃるでしょう。
結露により多くの問題が起きますよね。
そこで今回は結露によるトラブルと防ぐ方法をご紹介します。
ぜひお役立てください。

□結露のトラブルをご紹介!

今回は、結露のトラブルを3つご紹介します。

1つ目は、ダニやカビの発生です。
壁や窓に発生している結露を放置すると、ダニやカビが発生する可能性が高いです。
さらに、ダニのふんやカビの胞子が空気を舞う可能性もあります。
そのため、結露を放置しないことをおすすめします。

2つ目は、健康に被害を及ぼす可能性があることです。
結露により発生したダニやカビを放置すると、健康に被害を及ぼします。
その理由は、空気を舞っているダニのふんやカビの胞子を吸い込んでしまうからです。
ダニのふんやカビの胞子を吸うことで、アレルギーや喘息につながります。

そのため、結露を放置しないことをおすすめします。
当社では、健康に優しい住宅の注文設計とリフォームを行っています。
アレルギーや喘息でお困りでしたら、お気軽にご相談ください。

3つ目は、基礎部分や壁面内に問題が発生する可能性があることです。
夏に発生する結露は、基礎部分や壁面内に発生して建築材が濡れます。
基礎部分や壁面内が濡れてしまうことで、建築材が腐ることや断熱性が低下することがあります。

□結露のしない家にするためには?

今回は、結露を防ぐ方法を3つご紹介します。

1つ目は、断熱効果のある窓ガラスを使用することです。
結露は窓に発生することが多いです。
その理由は、外気に直接触れているからです。
そのため、断熱効果のある窓ガラスを使用して結露を防ぐことをおすすめします。

2つ目は、換気をすることです。
湿気が溜まりやすい場所は、頻繁に換気することをおすすめします。
換気することで、結露を防げて害虫の発生を抑制できます。

3つ目は、温度を高くしすぎないことです。
冬に室内の温度が高いと、外気との温度差が大きくなり結露が発生します。
そのため、室内と外気の温度差が大きくならないにすることをおすすめします。

□まとめ

今回は結露によるトラブルと防ぐ方法をご紹介させていただきました。
結露によるトラブルと防ぐ方法について理解していただけましたか。
住居をお考えで結露のしない家に住みたい方は、ぜひ本記事を参考にしてください。
また、結露に関する相談をしたいという方は、ぜひ当社までお問い合わせください。

Follow me!