この記事をご覧の皆さんは
「マイホームの購入時に必要なお金はどれくらいだろう」「購入後にかかるお金についても知りたい」
このようなお悩みを抱えているかもしれません。
そこで今回は、購入時と購入後に必要なお金について解説します。

□マイホームの購入時に必要なお金についてご紹介!

家を買うとなると家の物件価格のみを考えがちかもしれませんが、実際にはこれ以外にもさまざまな費用が必要になってきます。
それでは購入時にはどのような種類のお金が必要になるのでしょうか。
ここで詳しく解説するのでマイホーム購入時にお役立てくださいね。

1つ目は頭金です。
頭金は物件価格のうち現金で支払う分のことです。
頭金が0円でも住宅ローンを組むのはもちろん可能ですが、住宅ローンの借入が増えて返済額が上がってしまいます。
物件価格の2割程度の頭金は用意しておきたいですね。

2つ目は住宅購入に関わる諸費用です。
購入時には、家具購入費用や不動産登記にかかるお金などの費用がかかります。
その他にも手付金や固定資産税、不動産取得税などもかかります。

3つ目はローン契約に関わるお金です。
ここには印紙税やローン借入費用が含まれます。
印紙税はローン契約書に印紙を貼って支払われる税金で、契約金額によって価格は変動します。
ローン借入金には事務手数料や団体信用生命保険特約料などが必要で、金融機関によって異なります。

□マイホームの購入後に必要なお金についてご紹介!

家を購入した後にかかるお金は一戸建ての場合とマンションの場合で異なります。
ここでは一戸建てを購入した後にかかるお金について解説しましょう。

1つ目は固定資産税・都市計画税です。
1月1日時点で不動産を所有していた場合、固定資産税が課税されます。
家が市街化区域にある場合は都市計画税も課税されます。

2つ目は修繕リフォーム費用です。
家を購入した時はきれいな新築だったとしても、時が経つにつれて徐々に劣化していきますよね。
ある程度年月が経過すると修繕が必要になります。
また、ライフスタイルに合わせてリフォームする費用が必要になることもあるので、押さえておいてください。

□まとめ

この記事では、購入時と購入後に必要なお金について解説しました。
不動産購入取得時には頭金の他にローン契約に関わるお金も必要です。
マイホーム購入後は固定資産税・都市計画税、また修繕リフォーム費用が必要になります。
この記事をマイホームを購入する際の参考にしていただけると幸いです。

Follow me!