マイホーム購入は、人生において大きな買い物ですね。
今回は、快適さだけでなく健康への優しさにも配慮した家である「呼吸する家」の特徴についてご紹介します。

□呼吸する家とは

呼吸する家とは、住む人の健康を考えた省エネで環境にも優しい家です。
人間が呼吸するように、家が呼吸するので、快適に住まえるだけでなく、家も長持ちするのです。
具体的にいうと、家全体が空気清浄機能を持っているため空気清浄機を使用する必要がない上に、湿度調節も自動で行ってくれます。
湿度を調節する機能があると、結露ができにくく、カビやダニの発生防止にも繋がります。
カビやダニの発生が防げますので、アトピーやぜんそくに悩まされている方でも快適に過ごせるのは嬉しいですよね。

また、呼吸する家は季節に合わせて夏モード、冬モードに変わる性能が備わっています。
夏の暑い日には通気口が自動で開き、空気が自然循環されます。
また、床下の冷気と共に空気の循環を行うため、家全体に涼しさをもたらします。
反対に冬の寒い日には通気口が閉じて保温性を高めます。
まさに呼吸しているわけです。

□呼吸する家のポイントとは

呼吸する家にはどのような特徴があるのでしょうか。
ここでは5つのポイントをご紹介します。

1)壁の中に空気の通り道があること。
空気の通り道を利用して夏は熱を逃がし、冬は暖かい空気を逃がしません。

2)温度を感知して自動で設定が変わること。
温度によって伸縮する蓋を通気口の出入り口に設置しているため、温度を感知して、常に快適な設定に自動で変わります。

3)いつでも空気がきれいなこと。
モデルハウスに来ていただいた方がまず驚かれるのは、「空気が澄んで、美味しい」こと。
湿気を通す壁を採用している呼吸する家は、空気をきれいな状態に保ってくれます。
ですから、アレルギーのある方や、敏感な肌の方も快適に過ごせます。

4)湿度の調節が行われること。
湿気は木造住宅の土台が腐る原因の一つです。
しかし、呼吸する家は湿気を逃がす機能が備わっているため、湿気によって土台が腐る事態を防げます。
湿気が抑えられるため、結露もできにくく、押し入れもカビだらけになりません。
空気がいつもカラッとしています。

5)省エネで環境にも優しいこと。
気密性と断熱性が高いため、クーラーの涼しい風や暖房器具で温めた空気を逃がしません。
そのため、冷暖房を過度に使用する必要がなく、環境に優しいです。

□まとめ

今回は呼吸する家の特徴についてご紹介しました。
注文住宅をお考えの際はぜひ参考にしてくださいね。
また、当社では実績あるベテランの設計士が家づくりを担当します。
注文住宅についてお悩みでしたらぜひ一度ご相談ください。

 

Follow me!