「トイレの間取りに悩んでいる」
「トイレのおすすめの大きさについて知りたい」
このようにお考えの方は多数いらっしゃるでしょう。
家を建てるうえでトイレの間取り決めは重要ですよね。
そこで今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

□一般的なトイレの広さについて

皆さんは、一般的なトイレの広さについてご存じでしょうか。
あまりイメージが湧かない方も多いでしょう。
まずは一般的な広さを把握したうえで、間取り決めを行いましょう。

戸建ての場合、約0.5坪です。
幅は80cm、奥行きは160 cmが一般的です。
マンションと比較すると奥行きが長めであるため、余裕を持った空間となります。
そのため、手洗いスペースや収納スペースを設けるのも良いでしょう。

また、戸建てであっても、面積が狭めであったり、2階に設置したりする場合には、分譲マンションと同じほどの広さにするケースもあります。
住宅に合った広さを選びましょう。

また、バリアフリー対応にする際には、さらに広めにスペースを確保しておく必要があります。
幅は180 cm、奥行きも180 cmあると広々と使用できるでしょう。

以上が、一般的な広さについてでした。

□広さ別のトイレの特徴について

ここまで、一般的な広さについて解説しました。
もちろん、どのような家を建てるかによって、最適なトイレの広さは異なります。
そこで続いては、広さ別の特徴について解説します。

1つ目は、0.75畳のトイレです。
これは、個室として使用できる最小の広さです。

用を足すという目的だけを考えると、十分な広さといえるでしょう。
これくらいの広さですと、ドアと便器の間に40 cmほどのスペースができます。
この距離がこれ以上狭くなると、足がドアに当たってしまう可能性があります。
また、広すぎないため、どこにでも設置できるので便利ですね。

しかし、内開きのドアの設置はできません。

2つ目は、1畳のトイレです。
これは、一戸建ての中で最もよくある広さです。
小さめのものであれば手洗い場も設置可能です。

3つ目は、1.25畳のトイレです。
薄型の棚が付いた手洗い場に加えて収納も設置できます。
棚付きですと、石鹸なども置けるため、使い勝手が格段にあがりますね。

4つ目は、2畳のトイレです。
この広さにすると、小便器を設置できたり、介護に対応できたりします。
幅広のドアを選ぶことで、車いすの出入りもしやすくなります。

以上が、広さ別の特徴についてでした。

□まとめ

今回は、トイレの大きさや間取り決めにお困りの方に向けて、一般的な広さについて、また、広さ別の特徴について解説しました。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、トイレの間取りを決めてくださいね。
ご不明点がありましたらいつでも当社へご連絡ください。

Follow me!