こんにちは、オンリーハウスの営業の佐々木貴敏です。

先日、地鎮祭が行われた物件で地盤改良工事が行われました。

地鎮祭の後に地盤調査をした結果、地盤が弱く地盤の補強が必要と判断されたため

最大、地中約8メートルの深さまで補強が行われることになりました。

 

地盤改良工事は鋼管杭という工法で

行われます。


この黒い鋼管杭という材料を

地中の固い岩盤層まで埋めていきます。

2種類の長さがあるのは

 

固い岩盤層までの深さが

場所によって異なるためです。


建物の基礎の真下にこの杭が

打ち込まれます。

すでに何本か杭が打ち込まれています。


こちらの建物の真下には

この鋼管杭が33本打ち込まれました。

地盤改良工事の後は

基礎工事が始まります。

Follow me!