スレート屋根の経年劣化を強化する塗料「現場打ちスレート」の工事と遮熱工事がいよいよ大詰めを迎えました

先週 プライマー塗布後 屋根補強塗料の2度塗りが終了しました

厚さ 約1.2mm塗った屋根補強塗料

塗料というより 主原料がセメント・高炉滓微粉末・水酸化アルミ・自然石骨材で

特殊に調合した水性エマルジョンと混ぜて塗布してますので

「現場打ちスレート」

と言った方が分かり易いかもしれません

この時点で屋根材の強度が当初の強度に近づくわけです。

 

その後、雨の日が続き本日から遮熱工事がスタートしました。

屋根補強塗料の上に遮熱塗料を塗布しています。
遮熱塗料を2度塗って作業は終了

この遮熱塗料を塗るのには、2つの理由があり

一つは単なる遮熱 二つ目は、屋根材を紫外線から守ることで紫外線劣化を防ぎます

更に屋根補強塗料の中には「シラスバルーン」が大量に含まれていて

赤外線を反射する役目もあります。

ダブルブロック

Follow me!