「住居に関心があるが、知識が無くて困っている。」
「マイホームか賃貸か中々決められないので、どちらが良いのか教えて欲しい。」
多くの方がこのような悩みを持たれているでしょう。

そんな皆様に向けて、マイホームと賃貸それぞれのメリットについて紹介します。
お客様のお悩み解決に役立ててください。

□マイホームを購入するメリットについて紹介します!

大きく2つのメリットを紹介します。

1つ目は、住宅ローン契約者の身に何か起きても、住む場所に困らないことです。
マイホームを購入する際は、多くの方が住宅ローンを組むと思います。
住宅ローンを組むには、団体信用生命保険への加入が条件として定められていることが多いため、ほとんどの方が加入することになります。

この保険に加入すれば、マイホームの契約者にもしものことがあっても、ローンの支払いが他の人に降りかかってくることはありません。
保険からローンが支払われることになるので、何かあっても住む場所がなくなることはないのです。

2つ目は、ローンを完済すれば、お金の心配が減らせることです。
住宅ローンを完済しさえすれば、お金に関する心配が大分少なくなります。
マイホームの購入には、初期費用が高くつくという問題点もありますが、支払ってしまえばお金に関する心配がすくなると考えると精神的にプラスになると考えられます。

退職後、収入源がなくなった際に家賃の心配をしたくありませんよね。
還暦までにはローンを完済しておくと安心です。

□賃貸物件のメリットについて紹介します!

大きく2つのメリットを紹介します。

1つ目は、住み替えがしやすいことです。
将来結婚して子供ができ、田舎などに引越ししたいと考えた時、賃貸物件であれば手っ取り早く移住ができます。
転勤で海外に移ることになっても、住居の縛りが無いので、単身赴任せずに済む場合があります。
あらゆる変化に対応しやすい点が賃貸物件のメリットの1つです。

2つ目は、物件の改修や修繕に費用や手間をかけずに済むことです。
改修費や修繕費は、賃貸物件の管理者が負担する場合が多いです。
マイホームの場合は全て自分で支払う必要がある一方で、賃貸にはそれらの費用・手間共にかからないというメリットがあります。

□まとめ

ここまで、マイホームか賃貸か中々決められない方に向けて、マイホームと賃貸それぞれのメリットについてご紹介してきました。
お客様のご理解は深まったでしょうか。
マイホームも賃貸も一長一短があります。
予め優先事項をしっかりと決めて、2つの選択肢から選ぶことが大切です。

Follow me!