「久しぶりの休みだったので新しい家でゆっくりしていたら、より体調が悪くなってしまった」どうしてなんだろう?
こうした経験をしたことがある方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、新しい家で具合が悪くなる原因をお教えしましょう。

□家で具合が悪くなる原因とは

家で具合が悪くなってしまう原因としては、

1)電磁波によるもの。
実際電磁波を感じることは少ないですが、人の皮膚は電気を通しやすいため、電波を受けると体に静電気が溜まります。
電磁波が原因となって起こる体調不良としては、下記の症状が挙げられます。
・原因不明の疲れやすさや具合の悪さ
・頑固な冷え
・肩こり
・目の乾燥
・快眠できない
こうした症状に加え、より電磁波に過敏な方は、頭痛や手のしびれなどの症状も出る可能性もあります。

2)シックハウス症候群
シックハウス症候群とは、新居で長時間過ごすことによって引き起こされる喉のかゆみや肌荒れ、めまい、だるさ、頭痛などの総称です。
これらが引き起こされる主な原因として挙げられるのが、室内の空気に蔓延する化学物質です。
新居に使用された接着剤や塗料、防腐剤などから人体に悪影響を及ぼす物質が発生することがあり、その影響を受けて具合が悪くなるのです。

□当社の提供している電磁波改善住宅とは

1)や2)のような症状でお悩みの方におすすめしたいのが、当社の提供している電磁波改善住宅です。
現代の暮らしにおいて、家電製品は必需品ではありますが、それが原因となって電磁波は発生しています。
こうした状況を改善するためには、どうしたらいいのでしょうか?

「電磁波対策として有効なリフォーム」をお勧めします。
また当社はシックハウス症候群の対策ができるリフォームを行っております。
電磁波対策もシックハウス対策も塗るだけの簡単リフォームを行っておりますので、住環境を改善し、健康な暮らしを実現したい方はぜひご検討ください。

□まとめ

今回は、家で体調不良になる原因とその対策ができる家についてご紹介しました。
体調不良の原因としては、電磁波やシックハウス症候群が原因として挙げられますが、当社の提供している電磁波改善住宅ではその対策を行えます。
シックハウス対策についても取り扱っておりますので、お困りごとがあればお気軽にご相談ください。

Follow me!