注文住宅をお考えの方にぜひ知っておいてもらいたいのが、全館空調についてです。
名前は聞いたことがあるけれど、よく分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、そのような方に向けて全館空調について詳しくご説明します。
ぜひ参考にしてください。

□全館空調って何?

一般的な住宅では、空調設備を部屋ごとに用意し、その部屋の温度を調節しますよね。
一方で、全館空調は1台の空調設備で住宅全体の温度調節や換気を行います。
全館空調の人気は年々高まっており、注文住宅でも全館空調を希望する方が多くいらっしゃいます。

□全館空調のメリットとデメリット

全館空調にはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。
ここでは、それぞれ2つずつご紹介します。

*全館空調のメリット

1つ目は部屋間の温度差を少なくできる点です。

部屋間の温度差は体に悪影響を与えることが知られており、その代表例がヒートショックです。
ヒートショックは、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす怖い現象です。
しかし、全館空調にすることで住宅全体の温度を一定にできるため、そのリスクが軽減されます。
全館空調の家であれば、どこにいても快適な気温で暮らせるでしょう。

2つ目は空気をきれいにできる点です。
一般的な住宅では、換気によって住宅内に外気を取り込む際、排気ガスや花粉、PM2.5などの有害物質も一緒に取り込んでしまいます。
一方で、全館空調は性能の高いフィルターが搭載されているため、有害物質を取り除き、きれいな空気のみを室内へ送り込みます。
きれいな空気の中で、安心して暮らせるのは大きなメリットと言えるでしょう。

*全館空調のデメリット

1つ目はメンテナンスに費用がかかる点です。
全館空調は一般的な空調設備のメンテナンスよりも手間がかかります。
業者によるメンテナンスや定期的に部品の交換が必要なため、その分の費用がかかってしまいます。

2つ目は壊れると部屋中の温度調節管理ができなくなる点です。
全館空調は1台で住宅全体を管理しているため、壊れると全ての部屋の温度管理ができなくなってしまいます。
夏や冬に故障してしまうと、体調不良につながる恐れがあります。

よって全館空調にはたくさんのメリットがあるものの、費用面や故障時のリスクなどのデメリットも存在します。
そこで、当社がおすすめするのが「呼吸する家」です。

「呼吸する家」とは健康を第一に考えた家のことで、環境に優しい特徴と湿気や化学物質を家の外に排出する機能を持っています。
さらに気温に応じて自動で空気口が開閉する仕組みなっているため、自然換気によって室内の温度を調整できます。
空調設備を使わなくても、温度が快適に保たれるため、電気代の節約にも繋がるでしょう。

□まとめ

今回は全館空調のメリットとデメリットについてご紹介しました。
「呼吸する家」は、全館空調のデメリットを回避しながら快適に過ごせます。
快適な注文住宅を建てたいとお考えの方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

Follow me!