「木造の家の寿命について知りたい」
「寿命の延ばし方について知りたい」
このようにお考えの方は多数いらっしゃるでしょう。
木造住宅をお考えの方は、寿命について気になるのではないでしょうか。
今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

□木造住宅の寿命について

皆さんは、法定耐用年数という言葉をご存じでしょうか。
これは、計算用に用いられる耐用年数のことです。
法律で耐用年数を明確にして減価償却をすることで、税の公平性が担保できますよね。

木造住宅の法定耐用年数は、22年と定められています。
しかし、耐用年数にはまだ種類があります。

2つ目は、物理的耐用年数です。
これは、工学的な判断で定められます。
メンテナンス状況や使用する素材の種類などによっても異なります。

3つ目は、経済耐用年数です。
これは、建物の状態に加えて、市場価値を含めたものです。
物件の需要が高ければ経済耐用年数も高くなります。

4つ目は、期待耐用年数です。
これは、使用可能な年数です。

法定耐用年数以外の耐用年数は、どのような家を建てるかによって異なります。

以上が、木造住宅の寿命についてでした。

□寿命の延ばし方について

ここまで、寿命について解説しました。
理解が深まったのではないでしょうか。
しかし、寿命を延ばせるのであればできるだけ延ばしたいですよね。
そこで続いては、木造住宅の寿命を延ばす方法を解説します。

1つ目は、水回りのトラブルに気を付けることです。
水回りが腐敗してしまうとそれだけで寿命は大きく縮まってしまいます。
水漏れや浸水が発生した場合には、絶対に放置せずすぐに対応するよう心がけることが大切です。

2つ目は、湿気対策です。
湿気は木材の敵であるため、湿気対策ができていないと建物が早く劣化してしまいます。
風向きなども考慮して通気性の良い構造にしましょう。

3つ目は、シロアリ対策です。
シロアリは、水分が多いところに発生するため、水回りや湿気の対策を怠らないようにしましょう。
シロアリの発見が遅れてしまうと、大掛かりな修繕工事が必要となる場合があります。

以上が、延ばす方法についてでした。

□まとめ

今回は、木造の家をお考えの方に向けて、木造住宅の寿命について、また、寿命を延ばす方法について解説しました。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、木造の家を建ててみてくださいね。
ご不明点がありましたらいつでも当社へご連絡ください。

Follow me!