快適に暮らすために、暑さ対策は非常に重要ですよね。
そこで今回は、家づくりにおける暑さ対策のポイントを紹介します。
ぜひ参考にしてください。

□家が暑くなる理由とは?

家にいるだけで汗をかいてしまう原因は、家の断熱性能に問題があります。

1)家の中の、熱の逃げ場がないからです。
室内は屋根や壁によって外部から守られています。
そのため、家の内部が温まってしまうと熱がこもって、外にいるよりも暑くなってしまいます。
特に鉄筋コンクリートでつくられた家は、日が出ている時間に熱を内部にため込み、夜になると放出します。
ですから、夜暑いという現象が起き、寝苦しくなってしまいます。

また、コンクリートの家ほどではありませんが、木造構造の家も同じです。
二階の部屋だと、一階の部屋から暖かい空気が流れてきたり、直接日光を受けたりして温度が上がります。

2)温度差
部屋が暑くて冷房を入れたときに、足元が冷えてしまうことはありませんか。
これは、部屋の中の温度差が原因です。
サーモグラフィカメラで冷房を付けた部屋を見てみると、天井と床付近では5度差があります。
部屋の上部は暑く、下部は空気の重さによって冷たい空気が流れています。

このような温度差が、不快に感じさせる原因となります。
扇風機やファンを使い、暑い空気と、冷たい空気を回せるといいですね。

□暑さ対策のポイントについて紹介!

ここまでは新築が暑いと感じる理由について紹介しました。
ここからは暑さ対策のポイントについて紹介します。

*断熱材

断熱材が薄いことが、新築でも家の中で暑さを感じてしまう理由の一つとしてあげられます。
なぜなら、断熱材が少なかったり、薄かったりする住宅では、外気の熱が住宅に入り込んでしまうからです。
外部との接触が大きい面に断熱材を厚めに敷くことが、暑さ対策として非常に有効です。

*日射対策

断熱材が温まってしまうと効果を発揮できず、むしろ家の中を暖めてしまいます。
断熱材を温めないようにするには、日射対策が重要です。
これは屋根や外壁の内側に、遮熱シートを施工することによって日差しによって入ってくる熱を抑えられます。

*窓の断熱性能

窓の断熱性能も同時に確認しましょう。
窓の断熱性能は非常に大切で、この機能が低いと夏に涼しい家は実現しません。
窓から入ってくる太陽の日差しで部屋が暖かくならないように、断熱性能の高いものを選びましょう。

□まとめ

今回は新築の暑さ対策について紹介しました。
暑さに強い家を建てたいのであれば、断熱性能にこだわっている住宅会社を選びましょう。
家づくりに関して何かお困りごとがございましたら、お気軽に当社へご相談ください。