注文住宅をお考えの方に知って欲しいのが掃除しやすいキッチンの条件です。
今回は掃除しやすいキッチンの条件とキッチンが汚れる前の対策方法について解説します。
知っていると必ず役に立つのでぜひ参考にしてください。

□掃除しやすいキッチンの条件をご紹介!

掃除しやすいキッチンの条件を5つ紹介します。

1つ目はお手入れしやすい素材です。
キッチンのお手入れを楽にするためには素材選びが大切です。
ステンレス製のものや人工大理石が一般的ですが、セラミックや天然石、タイルなどが使われる場合もあります。

2つ目はガスコンロよりもIHにすることです。
ガスコンロは火力が強くて好みの方も多いかもしれませんが、パーツを外して掃除しなければいけないため、お手入れの観点から見ると楽ではありません。
一方で、IHは表面がフラットなため、使った後にサッと拭き掃除するだけで、焦げついたカ所もクレンザーとラップだけですぐに焦げつきを落とせます。

3つ目はレンジフードです。
毎日の掃除が必要なわけではありませんが、だからこそ大掃除で大変な思いをするのがレンジフードです。
レンジフードはメーカーや製品によってさまざまですが、お手入れが楽な製品もあります。

4つ目は収納 です。
調味料や調理器具、食器など、キッチンには収納スペースがたくさん必要です。
収納の中も汚れがたまって、調味料の液ダレが付いてベタベタになっていることもあります。
取り出しやすい収納、詰まりすぎていない収納を心がけましょう。

5つ目はキッチン周りのクロスです。
キッチンは壁や床の素材選びも大切です。
コンロ周りは汚れに強くお手入れしやすいキッチンパネルを使うのがおすすめで、さまざまなデザインがあるため、家の雰囲気に合わせて選べます。

□キッチンが汚れる前の対策方法についてご紹介!

キッチンが汚れる前の対策方法について3つ紹介します。

1つ目は調味料の下にはキッチンペーパーを敷くことです。
調味料が液垂れしていて、収納の周りも汚れてしまった経験はよくあると思います。
キッチンペーパーを敷いておくと汚れたときは、キッチンペーパーを取り換えるだけで簡単お手入れできます。

2つ目はマスキングテープを貼ることです。
コンロのすき間やタイルの目地など、意外と汚れがたまたりやすく落ちにくい場所の掃除は大変です。
コーキングの部分には、マスキングテープを使うと、カビ防止の効果もあり、掃除も手軽で、いつでもきれいな状態を保てます。

3つ目はレンジフードの上にアルミホイルを敷くことです。
レンジフードは見落としがちな場所ですが、ホコリがたまりやすいうえに、油も含みやすくやっかいな場所です。
アルミホイルを敷くことで掃除の手間が省けるためおすすめです。

□まとめ

今回は掃除しやすいキッチンの条件とキッチンが汚れる前の対策方法について紹介しました。
この記事を参考にしていただけると幸いです。
注文住宅についてお困りでしたら、当社までお気軽にご相談ください。

Follow me!