注文住宅の購入を検討している方にとって、間取りは最も悩む箇所と言っても過言ではありません。

そこで今回は、快適な暮らしを送るために間取りを考える際のポイントをお伝えします。

基本的なポイントを押さえることで、満足のいく住宅を完成させましょう。

□間取りを考える際の基本的なポイントとは

基本的なポイントの1つ目は、採光についてです。

採光は、居心地を左右するため非常に重要な要素となります。

したがって採光について考える際は、住宅を建てる土地の周囲環境をよく観察し、日当たりが良い場所と悪い場所がどこなのかを事前に調べるようにしましょう。

そして、土地の中で採光の良い場所を見つけたらリビングと居室の配置について考えることをおすすめします。

なぜなら、リビングと居室は家族が長時間過ごすことが多いからです。

日々の生活の質を高めるためにも、採光についてきちんと考えておくと良いでしょう。

ただ、一般的に水回りの間取りは採光が悪くても差し支えないため、光を得にくい位置に配置されることが多いことも覚えておくと良いですね。

ポイントの2つ目は、風通しについてです。

風通しを良くすることで、家の中で気持ちよく過ごせるようになるでしょう。

風通しを良くするためのポイントとしてか、以下のことが挙げられます。

・2カ所以上に窓を設置する

・高い位置と低い位置に窓を取り付ける

・窓の種類を考える

これらに気を付けておくことで暮らしの質が向上するでしょう。

□窓を設置する方角は

風通しを良くするためには、住宅の北側にも窓を取り付けることをおすすめします。

なぜなら、日本の夏に吹く風は南から北に向かって吹くことが多いからです。

そのため、窓は南側だけでなく北側にも設置するようにしましょう。

そうすることで家の中を風が通り、室温を下げる効果が期待できます。

ただし、北側に窓を設置する際は、大きすぎる窓を設置しないようにしましょう。

もし大きな窓をたくさん取り付けてしまうと、熱を逃がしてしまうだけになってしまうかもしれません。

そのような住宅は冬に冷えやすくなってしまうため注意しましょう。

□まとめ

本記事では、間取りについてのポイントと採光や風通しが大事なことをお伝えしました。

また、窓を北側に配置することで風通しを良くできるということをご説明しました。

これらのポイントを押さえることで暮らしやすい家を実現しましょう。

注文住宅について不安を抱えている方がいれば気軽にご相談ください。

Follow me!