「快適な家づくりをしたいが何から始めたら良いのか分からない。」

このような悩みをお持ちの方はおられませんか。

快適な家にするための、間取りを決める際に気をつけた方が良い点を知っておくことをおすすめします。

また、快適な家を実現するための要素についても知っておくと良いでしょう。

□快適な家づくりの際に意識した方が良いポイントとは

快適な家にするためには、部屋の温度が大事ですね。

例えば、蒸し暑い夏や凍えるような寒さの冬を想像してください。

どちらも人間にとって過ごしにくいですよね。

室内の温度を考える時には、まず、室温を一定に保つために窓の配置を意識するようにしてください。

例えば、直射日光が入りやすい位置に窓を設置してしまうと、そこから出入りする熱量が多くなり、結果としてエアコンが聞きづらくなります。

これに対して、太陽の位置や風通しを考慮して窓を設置すれば、自然の力を上手に活用した家ができあがります。

次に、高気密・高断熱の性能について考えてみましょう。

高気密・高断熱ですと、結露が出てしまい、カビやダニの原因になりますので、換気不要の「呼吸する家」をお勧めします。

□間取りを考える際の注意点について

1つ目の注意点は、「シンプルで短い家事動線にすること」です。

生活動線とは、日常生活を送る際に人が通る経路のことを指します。

この中でも、家事に関する動線を家事動線といいます。

この動線を意識した間取りを考えることで、余分な動きが減り、家事の負担を減らせるでしょう。

2つ目の注意点は、「日当たりを考慮すること」です。

周辺環境によって、日当たりの良さは異なります。

そのため、周辺環境の情報を集めて間取りを決めることをおすすめします。

3つ目の注意点は、「生活音の配慮」です。

これは、2階建てや3階建ての住宅をお考えの方には特に重要です。

例えば、リビングの上に子ども部屋をつくると、来客時に階上の騒音が気になってしまうかもしれません。

余計な気を遣わないためにも、このポイントを押さえましょう。

□まとめ

本記事では、快適な家にするためには部屋の温度が大切であることをご紹介しました。

また、間取りを決める際の注意点についてもご紹介しました。

当社では、みなさまが快適に過ごせるような住宅の提案をしています。

注文住宅の購入を検討されていましたら当社にお問い合わせください。

Follow me!