「カビが生えない家の特徴について知りたい」
「カビによって起こる健康被害について知りたい」
このようにお考えの方は多数いらっしゃるでしょう。
カビが生えない家に住みたいですよね。
そこで今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

□カビが生えない家とは?

皆さんは、カビが生えない家の特徴についてご存じでしょうか。
あまりイメージが湧かない方も多いでしょう。
カビが生える条件について把握することで、カビが生えない家を実現できます。
ぜひチェックしてみてください。

カビが生える条件は4つです。

1つ目は、温度についてです。
カビは、0度から45度くらいの場所で生えやすいです。
60度を超えるとカビはほとんど死滅します。
しかし、温度をコントロールすることで、カビの発生を抑えることは難しそうですよね。

2つ目は、栄養についてです。
カビは生物であるため、栄養がないと生きられません。
カビは、あらゆるものを養分として利用できます。
家の中の埃でさえ、養分になります。

3つ目は、酸素についてです。
酸素がないとカビも活動できません。
そのため真空状態にすれば発生しませんが、現実的ではありませんよね。

4つ目は、湿度についてです。
カビも微生物の一種なので、生きるために水が必要です。
目安としては、相対湿度が60パーセント以上になると、カビが発生しやすくなります。

ここまで、4つの条件をご紹介しましたが、カビが生えない家にするには、湿度をコントロールするのが1番現実的と感じたのではないでしょうか。

他の3つについて対策するのは難しそうですよね。
そのため、カビのない家とは、湿度がコントロールされている家と言えます。

以上が、カビのない家の特徴についてでした。

□カビによる健康被害について

ここまで、カビが生えない家の特徴について解説しました。
そこで続いては、カビによって起こってしまう健康被害について解説します。

代表的なものは、ぜんそくや鼻炎、皮膚炎です。
また、接触性皮膚炎になってしまう場合もあります。

もし梅雨などの湿気が高い時期に咳が続く場合には、カビアレルギーを疑った方が良いかもしれません。
また、最悪の場合肺炎に繋がるおそれもあります。
カビは健康に悪影響を及ぼすため、カビが発生しないように心がけることが重要です。

以上が、健康被害についてでした。

□まとめ

今回は、家のカビにお悩みの方に向けて、カビが生えない家の特徴について解説しました。
また、健康被害についても解説しました。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、カビが生えない家を実現させてくださいね。
ご不明点がありましたらいつでも当社へご連絡ください。

Follow me!