家づくりにお悩みのみなさん、家は人々の健康に様々な影響を与えることをご存知ですか。
この記事では、住環境が人々に与える影響と、家でできる工夫を紹介しますので、お悩みであればぜひ参考にしてください。

□家が人々に与える影響を紹介します!

家族が健康に暮らせる家と聞くと、どのようなイメージを思い浮かべますか。
最近では、医療関係者も家づくりに興味を示すなど、住まいと健康は密接に関連しています。
直接的な影響の例としては、建材に含まれる化学物質やダニ、カビなどによる汚染、極度の乾燥や結露といった温度環境などの影響が挙げられます。

また、その他にも社会環境による影響があります。
例えば、家の周辺の騒音や光環境、都市全体の大気汚染などがその代表例です。
これらが与える悪影響を、家づくりで少しでも改善することで、住みやすく健康な身体を保てます。
さらに、暑さや寒さからの影響を最小限にすることは健康に良いだけでなく、冷暖房の効率を高めるので、光熱費の節減にも効果的です。

□健康のための家づくりのポイントとは

上記では、住まいが健康に与える影響についてご紹介しました。
ここでは、健康な家づくりのためにすべき3つのポイントを紹介します。

1つ目が、間取りの工夫です。
最近では、コロナウイルスの感染拡大に伴い、洗面スペースの配置に気を遣う方が増えています。
手洗いはコロナウイルスだけでなく様々な感染症の予防に効果的なため、帰宅後なるべくすぐに手を洗えるように玄関近くに洗面所を配置すると安心ですね。

2つ目が、断熱効果を高めることです。
最近では高気密、高断熱の住宅が普及しており、昔の住宅と比べて室内の温度が外気温の影響を受けづらくなっています。
屋内の寒暖差に起因するヒートショックは、脳や心臓付近の血管が詰まったり破れたりする恐ろしい現象です。
これを防ぐためには家の全体が暖かい状態を保つことが効果的です。

3つ目が、バリアフリー化で長期的な暮らしやすさに配慮することです。
年を重ねるごとに、筋力の衰えが原因で階段が辛くなったり少しの段差で転んでしまったりすることがあります。
家を建てる際には、高齢になって身体が不自由になっても快適に過ごせることも健康に欠かせないポイントです。

□まとめ

この記事では、住まいが人々に与える影響と、心身の健康を維持するためにできる工夫を紹介しました。
家づくりにお悩みの方や健康に関心のある方は、この記事を参考にしてくださいね。
また、健康住宅に関心のある方は、ぜひ一度当社までご相談ください。

Follow me!