喘息をお持ちでお困りの皆様、ご家庭でどのような対策をされていますか。
ハウスダストやウイルス感染、排気ガスなど様々な原因で引き起こされる喘息は、炎症を繰り返すことで症状が悪化してしまいます。
この記事では、ご家庭でできる喘息の対策と、当社の家づくりを紹介します。

□喘息のために家でできる対策を紹介します!

喘息は、大人でも子供でも発症し、その原因は様々です。
また喘息は慢性的な気道の炎症によって敏感に反応するようになります。
気道の壁が厚く硬くなると、治療が困難になってしまうので空気の綺麗な環境で過ごすなどの工夫をすることが必要になります。
そこでまずは、喘息を患っている方が家づくりで気を付けた方が良いことを紹介します。

喘息は、ハウスダストや室温を一定に保つことで発作が起きやすくなるのを防ぎます。
そのため、自然素材を使うことで家の中の寒暖差を緩和させることが効果的です。
木は断熱性に優れており、家の理想である夏は涼しく冬は暖かいという心地良さを実現します。

さらに、木には湿気の多い時期では湿気を吸い、乾燥している時期には水分を放出する機能が備わっています。
自然素材を使用することで、人体に害を及ぼす心配をする必要もありません。

□呼吸する家について

呼吸する家をご存知ですか。
呼吸する家とは、省エネで環境にも優しく、住む方の健康を第一に考えた家のことです。
この家全体が空気洗浄機能を持っており、湿度も適度にコントロールするため、カビや結露が発生せず、室内の空気が常に綺麗に保たれます。
そのため、喘息やアレルギー性鼻炎などの症状をお持ちの方に非常に優しい構造となっています。

また夏の暑い日には、通気口が自動的に開き、自然に換気される機能が備わっています。
床下の冷気が家の上層まで巡るので、家全体に冷気をもたらします。

一方で冬の寒い日には、通気口が自動で閉じるので保温性が高まります。
部屋の上部の通気層も保温層となりますが、透湿性の高い壁や木材を使用することで、家の呼吸機能を維持します。
季節に合わせた機能があり、自然に呼吸する仕組みを持つ賢い住まいが当社の呼吸する家です。

□まとめ

この記事では、喘息をお持ちの方が快適に暮らせるために家でできる対策と、当社の健康住宅について解説しました。
喘息を引き起こさない家にするためには、ハウスダストや室温に配慮した環境にしたり、自然素材を使って家全体の気温差をなくしたりすることが大切です。
注文住宅についてお困りでしたら、気軽にご相談ください。

Follow me!