住居の素材といえば、皆さんはどのような物を思い浮かべますか。
檜や杉といったように、住居の素材にはさまざまな種類がありますよね。
そのため、住居の素材でお悩みの方は多いと思います。
そこで今回は檜と杉の違いについて解説します。
住居の素材でお悩みでしたら、ぜひお役立てください。

□檜の特徴をご紹介!

今回は、檜の特徴を4つご紹介します。

1つ目は、香りです。
檜の香りは特有です。
記憶に残りやすい香りで檜の香りがする香水や入浴剤などが販売されています。
また、リラックス効果があるため、お風呂の素材で使用されることも多いです。

2つ目は、経年変化です。
檜は無垢材の1つです。
そのため、フローリングや家具に使われた檜は年を経ることで木目や肌触りが変わります。
最近では、檜の変化を楽しむためにフローリングや家具の素材を檜にする方も多いです。

3つ目は、軽さと強度です。
檜は針葉樹であるため、軽くて柔らかいです。
ただ檜は年を経ることで重くて硬くなります。
建築材として使われた檜は100年経つと鉄のように硬くなります。

4つ目は、心地良い肌触りであることです。
檜は無垢材の中でも肌触りが良いです。
その理由は、きめ細かい木目と艶があるからです。
そのため、つい触りたくなってしまいます。

□杉の特徴をご紹介!

今回は、杉の特徴を4つご紹介します。

1つ目は、香りです。
杉は甘い芳香と爽やかな香りがします。
また、杉の香りはリラックス効果があります。
そのため、杉を素材として使用すると落ち着ける部屋になります。

2つ目は、植林の木材で日本最多であることです。
杉は日本国土の約12%を占めています。
そのため、日本人には馴染みのある木材です。

3つ目は、軽さと真っ直ぐな繊維です。
杉は軽く幹が真っ直ぐ伸びます。
繊維が真っ直ぐであるため、加工がしやすいです。
そのため、杉の用途は多いです。

4つ目は、心材と辺材の色の違いです。
杉は心材と辺材の色が違います。
心材の色は黒や赤茶色、ピンクがあります。

当社では、会社スタッフ全員が一丸となって1軒の家を手掛けます。
お客様が望む良い家を建てるために努力します。
住居の素材でお悩みでしたら、お気軽にご相談ください。

□まとめ

今回は檜と杉の違いについて解説しました。
檜と杉にはそれぞれ特徴があるため、ご自身の好みによって使用する木材を選ぶことをおすすめします。
住居の素材でお悩みでしたら、ぜひ本記事を参考にしていただけると幸いです。
また、住居の素材について詳細を知りたいという方は、ぜひ当社までお問い合わせください。

Follow me!