この記事をご覧の皆さんは
「快適なリビングの広さは平均的にどれくらいだろう」「リビングの広さを考える時の注意点を知りたい」
このようなお悩みを抱えているかもしれません。
そこで、今回は快適なリビングの広さと、リビングの広さを考える時の注意点について解説します。

□快適に過ごせるリビングの広さの平均についてご紹介!

家族が集まるリビングはなるべく居心地の良い空間にしたいですよね。
しかし家族の形態によって快適なリビングは違うと思います。
ここでは平均的な広さを紹介するので、平均の広さをもとにご自身の住まいのリビングの広さを考えましょう。

平均的なリビングの広さは、ファミリーの場合だとLDKで16〜20畳ほどです。
首都圏で住宅を購入した方によると、新築の分譲建ての場合、面積の平均は99平方メートルです。
このくらいの広さが確保されていれば20畳くらいのリビングダイニングを作ることも可能と言われています。
それよりも少し狭い70平方メートルの場合は、リビングダイニングが13畳というプランが多いです。

今はやりのリビングダイニングと繋がるキッチンについては、対面式だと16~20畳程度がおすすめです。
もしリビングの広さに迷った場合は、LDKが20畳程度と考えておくと良いでしょう。
ファミリータイプの場合は十分なゆとりを確保できる広さだと思います。

□リビングの広さを考える際の注意点についてご紹介!

リビングの広さを考える際に住宅展示場や雑誌などを参考にして決めようと思っていませんか。
参考になりそうですが、実はこの確認方法では実際の広さを把握しにくいです。
住宅雑誌の写真だと広角カメラで撮っていることが多いため、実際よりも広く見えて参考にならないことがあるのです。

リビングの広さを考える際には壁の量や収納に気を配るようにしましょう。
壁の量は基本的に面積が狭いご家庭の場合に重要になってきます。
大型家具などの大きな家具を置くことを想定して壁の量に注意するようにします。

また、収納にも気を配ると良いでしょう。
収納がなければ部屋をどうしてもきれいに保ちにくくなります。
収納用の置き家具を増やしてしまい部屋がごちゃごちゃした印象になる前に、収納をしっかりと作っていつも片付いてある状態を目指しましょう。

□まとめ

この記事では、快適に過ごせるリビングの広さについて解説しました。
快適なリビングはファミリーの場合、LDKは16~20畳です。
リビングの広さを考える際はリビングの壁の量に注意し、収納にも気を使うようにしましょう。
この記事をマイホームを考える際の参考にしていただけると幸いです。

Follow me!