「せっかくマイホームを建てるなら、満足がいくようしっかりとこだわりたい」
そうおっしゃる方も多いのではないでしょうか。
とはいえ、なんとなくという希望ではどうこだわったらよいか?わかりませんよね。
そこで今回は、マイホームで叶えたいこだわりポイントについてご紹介します。

□こだわりたい生活動線と家事動線とは

まずマイホームでこだわりたいポイントの1つ目として、生活動線と家事動線を意識することが挙げられます。
そもそも生活動線とは、生活するために必要な動きのことを指します。
例えば、洗濯物をベランダに運ぶことや朝起きてから洗面所へ行くことなどが挙げられます。
この動線をいかにシンプルで重なりの少ない間取りにするかによって、生活の快適さや時間効率アップが大きく変わります。
生活動線が複雑な間取りの場合、生活動線を意識した間取りよりもちょっとした移動のストレスや非効率さを感じやすくなるでしょう。

また生活動線の中でも家事に限定した動線を家事動線を呼びます。
家事動線は日常的な家事の負担を減らすためにも非常に重要な要素です。
生活動線や家事動線を工夫としては、洗濯にかかる移動を極力減らすために洗濯機とベランダの距離を短くしたり、全ての部屋からベランダに出れるようにするなどの工夫が挙げられます。
少しの工夫で住まいの快適さが変わるため、動線についてはこだわれると良いでしょう。

□知っておきたい省エネな家とは

こだわりたいポイントの2つ目は、住まいの省エネ性の高さです。
省エネであることは環境に良いことはもちろん、光熱費など家にかかる費用を抑えることにもつながります。
当社の提供している呼吸する家は、省エネかつご家族の健康を考えた人にも環境にも優しい家です。
家全体がまるで呼吸するように、空気洗浄機能を持っているため、シックハウス対策が行えるだけでなく、夏と冬でモードが切り替わるため、1年を通して快適な室温を保つことが可能です。
またたとえ初期費用がそれなりに必要になっても、月々のランニングコストを抑えることで長い間その家で暮らせば、トータルコストも安く済みます。
その省エネ性能はZEHと同等以上と言われているため、高い省エネ性能を持ち合わせていることがお分かりいただけるでしょう。

□まとめ

今回は、マイホームで叶えたいこだわりポイントをご紹介しました。
マイホームを建てる際にこだわりたいポイントとしては、生活動線と家事動線、そして住宅の省エネ性の高さが挙げられます。
当社の提供している呼吸する家は、ZEHの性能と同等以上の性能を備えた家ですので、もし気になる方はお気軽にお問い合わせください。

Follow me!