マイホームをおしゃれで住みやすい家にしたいとお悩みの方は多いでしょう。
快適な家には様々な特徴があるため、そのポイントを押さえた住まいづくりが必要です。
この記事ではそれらの特徴と、収納を考える際のコツを紹介します。

□おしゃれで住みやすい家の特徴を紹介します!

長く住むことになるマイホームは、快適でおしゃれな家にしたいですよね。
まずは、おしゃれで住みやすい家に共通する特徴を紹介します。

1つ目が、ライフスタイルに合わせることです。
マイホームを持つ方はまず将来の生活をイメージ、計画することが大切です。
また将来的に2世帯住宅にする可能性なども考慮しておくことがオススメです。

2つ目が、開放感がある空間を作ることです。
個室を増やしてしまうとどうしても目が届きにくくなってしまいますが、そこでオススメの間取りが、スキップフロアです。
壁を作らずに空間を設けられるので、コミュニケーションがとりやすいのが特徴です。
どこにいても声が聞こえる家は安心感があります。

3つ目が、キッチンにこだわることです。
家でホームパーティーをするなど来客が多いご家族であれば手料理などを振る舞う機会も多いでしょう。
レストランのようにカウンターを付けたり、シンクとコンロの両方のスペースを広くとれるL字型のキッチンを採用したりするのがオススメです。

□住みやすい家を維持するためには

住みやすい家を実現させるためには、収納がポイントとなります。
ここでは、住みやすい状態を維持するための収納の工夫を3つ紹介します。

1つ目が、使ったものをその場で収納できるようにすることです。
必要なものを出す際に、その都度別の部屋に行くことは手間になりますよね。
そこで、物はよく使う部屋においておき、使った後にすぐに収納できるようにするなど、ルールを決めておくと便利ですよ。

2つ目が、生活動線を意識することです。
効率よく掃除や洗濯を行うためには、1日の動き方をイメージすることが大切です。
生活動線を塞がないように収納スペースを設けることで、効率の良い暮らしを実現します。

3つ目が、キッチンは特に実用性を意識することです。
おしゃれに見せようと、デザインを意識してしまいがちなキッチンですが、機能面を意識することが快適さには欠かせません。
頻繁に料理をする方が使いやすいと思えるような配置にしましょう。

□まとめ

この記事では、快適な家の特徴や収納を工夫することの大切さを紹介しました。
おしゃれで住みやすい家にするためには、開放感がある空間を作ったり、キッチンにこだわったりすると良いです。
住みやすい家をお考えの方はぜひお問い合わせください。

Follow me!