逗子市のN様邸では、10年以上経過したウッドデッキが腐り今度は、絶対に腐らないウットデッキが欲しいと言うことでアルミと樹脂のデッキに造りかえることに決定新しいデッキに完成が待ち遠しい様子

月曜日、小雨の中 

いよいよウッドデッキを解体することに

 

いたるどころが腐り 限界の状態

「芯持材でないとすぐ腐る」と坂下大工

蟻の巣も見つかり卵をくわえて大騒ぎの蟻

助けて~ 

 
 

2時間ほどで解体は、終了

今度は、アルミ製の骨組みに樹脂系のデッキ

本来は、エクステリア業者が組み立てますが

お客様からのコスト削減の意向で

商品のみを購入して頂き 

またしても坂下大工に手伝ってもらい作業開始

最近は、インターネットやイケアから商品のみを購入する方が増えてます。

よくよく話を聞くと、組立代金がものすごく高いとのこと

商品が9万円で組立代金を15万円もとるとか・・・

商品を安く見せて 組立代金で儲けているような感じ・・・

「俺は大工だぞ 造れるわけネェ~ベャ」 

「設計図を見ながらビスで止めていくだけだから大丈夫!」

と言うと

「最後まで一緒にいてくれるなら造る」 

子どもの様な坂下大工

 

「簡単だベヤ」

「頭 使わなくてもいいもんな」  

と 私が設計図を見て手渡す材料をビスで固定する坂下大工

休憩時間には、福島県出身のN様の奥様と話が弾み

東北の人間は、会話が通じると上機嫌で青森辯で話す坂下大工 

途中から雨も上がりデッキを敷き詰める作業を終えたのが

夕方の6時を回っていました。

完成まであと1日です

Follow me!