20.南への方位取り旅行の効果

次に南です。南にご自身がいい日取りに吉方旅行をするとさらに効果がアップします。自宅から南方向の30度(真南から東15度、西15度)、自宅から1km以上離れたところに旅行に行くと効果が表れます。15回でご紹介しましたが、その土地の「火」と「水」のエネルギーを得ることで開運することが方位取りの基本です。その土地の産物の料理を食べる、温泉に入る、神社へのお参りが有効です。
南の方位に旅行に行くと、悪いものが離れていきます。例えば病気、特に慢性疾患や中毒、目の病気が良くなり、健康になりやすいです。累積の赤字など自分にとって必要のないものや悪友が離れていきます。また表に出ていきやすくなるので、知名度が上がるようになります。また直観に優れ、新しいアイデアもわきやすくなります。心や体をリセットしたいなら取ってみてはいかがでしょうか。