いよいよ外壁工事が始まりました。大工工事完了までは、外部の作業スペースが空かず、少し遅いダイミングでのスタートとなりました。
みなさん、外壁のサイディングをどのように張っていくか?ご存知ですか。こちらの写真の様に下から順に張り上げてていきます。
 
こんな感じです。
 
外壁材と防水紙との間には空気の層が設けられます。こちらが第一通気層です。他社さんでも同様です。当社の健康住宅「呼吸する家」の特徴として、壁の中の断熱材と石膏ボードとの間に更に第二通気層を設けることで、調湿効果に繋げます。夏は涼しく、冬は暖かいのがWB工法の利点です。是非、一度展示場や見学会にでご確認下さい。