数年前から、テレビを観ていても、 色々な所に出てくるようになったなぁと感じるのが、 省エネ住宅です。

少し前までは真新しかった時期もありました。 でも、今では割と当たり前になってきています。 

しかし、この省エネ住宅ですが、 しっかりとした所を選ばないと、 問題が発生しがちです。

なぜなら、何を持って省エネ住宅と呼ぶのか、 その定義が曖昧だからです!!
 
家庭の財布にも優しい省エネ住宅。 実は省エネ住宅の良さは、 家庭の財布の良さだけではないんです。

例えば、省エネ住宅は健康にも良い。 

どういう事かと言うと、 健康住宅の一部の仕組みには、 冷暖房を使わなくても良いような 家の作りにしている所があります。

つまり、住宅の通気性が良かったり、 夏は涼しく冬は暖かくを実現できる、 人間の身体にとって最適な住宅だったりするんです。

もちろん、売電ができる住宅の事を 省エネ住宅と呼ぶケースもありますが、 それは別の機会に紹介します。

別の日に、更に詳しく、 省エネ住宅について書いていきたいと思います!