段々の寒くなってきましたね。 寒くなってくると、 ついつい窓を閉めきって暖房を使ってしまいがちです。

ですが、実は閉めきっている事は、 住宅にとっても、人間にとっても良くない事です。

閉めきっている事で換気が行われませんと、 室内にほこりなどがたまります。 これは、ハウスダスト症候群の原因にもなります。 

もちろん、健康住宅の透過壁でしたら、 そのような事はないのですが、 健康の概念を取り入れた住宅というのは

まだまだ、日本には少ないものです。 

ですので、こまめな換気は、心がけるようにして、 1時間に1度ぐらいは窓を開けて換気をされる事を オススメします。 

それから、寒い時期になると、 暖房器具を使う事で、別の問題も発生します。 

それが、結露の問題です。 外温と内温が変わる事で、 結露が発生します。 つまり、湿気が発生して、 窓なんかに水滴ができます。 

そうすると、 その水っけがカビの原因を作ったりするんです。 結露については、 健康住宅のお家でないと、

なかなか対策が難しいものですが、 それでも、 こまめな換気をする事で、 多少は防ぐ事が可能です。

寒い季節になったからといって、 窓を締め切らずに、換気を心がけてみてください。