家を建てるには、どのような段取りが必要なのか?

ここ最近、住宅選びを始めた方にとって、 全く検討がつかないですよね。

ましてや、ハウスメーカーや地場工務店など、 様々な住宅メーカーがあります。

 どこに頼めばいいんだろう??とか、 そもそも、何を聞けばいいんだろう??とか、 様々な事を考えてしまう事と思います。

家を建てる段取りを簡単に紹介します。 家を建てる段取りは、

 
1、資金計画作り

 2、建てたい家のイメージ造り この2つから始まります。

建てたい家のイメージがなければ、 何も始まりませんし、 また、お金がなければ、 どれだけ建てたい家が明確でも、

住宅を建てる事はできないのです。 そこで、お金と建てたい家のイメージを 計画的に固める必要があります。

この2つが固まったら、 あとは、意外と早いものです。

後は、様々な住宅メーカーに問合せ、 現場見学会、完成見学会などに参加します。

そうすると、その住宅メーカーのキャラのようなものがわかります。

 この現場見学会や完成見学会の席で、 その住宅メーカーさんの社風のようなものを感じ。

その社風が自分に合うな、と思ったら、 概算見積もりを依頼される事をオススメします。

もちろん、一番いいのは、 すぐに住宅メーカーさんへ問合せてみる事です。 それが一番よいです。

 なんせ、住宅メーカーのスタッフは、 これまで多くの住宅を建ててきました。

どのような家を建てたいのか?という事を 十分にヒアリングした上で、提案をしてくれるはずです。

基本的にはこのような手順で、 住宅を建てるまでの段取りを組まれる事を オススメします。