こんにちは。  営業の太田です。

地盤調査は今は必ず行われる様になっています。というのも、
「住宅の品質確保の促進等に関する法律」
という、家の瑕疵(欠陥)を施工者が10年間保証しなければならないことを定めた法律が制定され
軟弱地盤で家が傾いた場合でも基礎の欠陥として扱われることになり、
施工者が保証しなければならなくなったからです。

以前までは、家が傾いた場合の責任の所在が不明確であったため、家が傾いても保証など受けられない事が多数ありました。
この法律によって、少し安心して家を建てることができるようになりました。
 
ただ、ご注意頂きたいのが、地盤保証は、地震が起きて軟弱地盤だったり液状化が起こって
家が傾いた場合には、免責事項となり保証されません。