オンリーハウスの赤上です。現在で施工している新しいタイプの小児科病院を建築中です。

建て主は、以前ご自宅を「健康住宅「呼吸する家」」で赤上営業担当で建替えをして頂いた開業医のAさまです。お引渡し後、RC造の3階建ての病院や保育施設のご相談を頂き、当社の直江氏が担当させていただいています。この階は凡そ60坪のテナント内の工事です。
写真左側が担当者の直江氏です。戸建住宅の知識以外に新しい情報に精通しています。
 
工事も終盤を迎えています。左は大工の黒川さんです。
 
受付カウンターの木の造作は本棚になります。
 
こちらは、オムツ替えカウンターですが、脱落防止用のベルトが付いているタイプですが、高価なものらしいです。
 
一般の医院の機能に留まらず、インフルエンザや感染症などを罹った小児が保育園や小学校に通えない情況の際、母親が勤めに行く時間帯だけでも預かってくれる施設とのことです。病院内は各室が見渡せる様にガラスの扉が多く採用されていました。
 
こちらは、小児用の様式便座もあります。可愛いものです。
 
現在、大工さんによる最終工程の棚板の加工取付けが行われています。関心がお有りのご父兄や医療関係者の方は当社の直江(なおえ)までお問合せ下さい。