弊社では健康住宅を建てていますが、 健康住宅の1つの要って、その1つは通風です。

どれだけ、空気の通り道があるのか? こういった事が大事です。 

とはいえ、健康住宅に限らず、 これから住宅を建てようと考えている方にとって、 大事な事は、 どのようにして

空気の通り道を確保するのか? という事かと思います。

空気の通り道を作る事で、 アレルギーの原因の1つの ダニやカビの発生を防ぐ事ができます。

さて、空気の通り道の為に大事な事は、 窓やドアを定期的に開ける事です。 

これは当たり前かもしれません。 もちろん、窓やドアの方角次第で、 その空気の通り道も変わりますので

住宅を設計する際には、この辺りの事が大事です。 

ですが、空気の通り道を作るためには、 それだけでは不十分です。

どういう事かと言うと ・壁の素材が空気の通り道を確保できるか? ・床下、屋根裏の換気はどうなっている? これが大事です。

意外な盲点ですが、 壁の素材、床下、屋根裏まで、 しっかりと換気した住宅はあまりありません。

健康住宅と銘打っていても、 しっかりとやっていない事が多いです。 住宅を建てよう、とお考えの方は

こんな所に着眼して、住宅を建てる事をオススメします。 ぜひ、参考にしてください!