2世帯住宅を建てると相続税対策になる! なんて事を聞いた事があるかもしれません。

 ここ数ヶ月で、とくに声高に叫ばれるようになりました。 2世帯住宅と相続税対策の関係性について、 お話しますと、こういう事です。

2世帯住宅を建てると、 「小規模住宅等の特例」を受けられるようになります。

さらに、なぜ今、特に注目されているかと言うと、 これまでは玄関が共有、又は建物内で行き来できる 構造である必要がありました。

しかし、今はそのような構造である必要が なくなり、創造税対策が適用される2世帯住宅の範囲が、 大きく広がったのです。

そこで、住宅を建てる時に、 2世帯住宅を建てて、相続税対策に活かそうと、 考えている方が増えているんです。

相続税の改正があったわけですが、 だからといって、相続税の複雑さは変わりありません。

ですので、ご自分で相続税の事を調べる事もできますが、 すぐにでも住宅メーカーの担当に質問をされる事をオススメします。

そうしないと、貴重な時間が奪われてしまう事になります。 住宅の事は住宅のプロに聞くのが、 一番良いです。

ですので、注文住宅のメーカーへ、 まずはお問い合わせください。 それが、一番のオススメです。