7月9日に開催された全国の工務店ネットワークの集まりに参加して来ました。

当社は、様々な組織に参加していますが、今回の集まりは20年間加盟している、こちらの全国大会です。
当日は、社長、営業課、工事課の社員が9名参加しました。
 
カンナ台の後ろには、歴代のカンナ削り参加の棟梁の紹介パネルが飾られていました。
 
今では、なかなか見ることの無いカンナ掛けです。
 
今回のテーマである「和建築」のコンセプト展示ブースです。世界に渡り活躍されている、庭師、数奇屋大工、左官職人、和紙職人等々の方の作品にむ癒されるコーナーでした。
 
建具の透かし細工は、まさに芸術品です。
 
こちらは、デザインコンテストの優秀作品です。
 
全国から、沢山の応募がありました。当日は最終追加投票箱が設置され、参加者が各事例の確認後に投票していました。
 
展示会場の様子です。デザインコンテスト、コンセブト展示等々のブースが設置されています。
 
各部門の表彰者に対する表彰式が始まりました。
 
当社代表の岩倉も表彰され、壇上に上りました。
 
登壇の方々を代表して、1000人以上の参加者の前でご挨拶をしています。
 
第2部では、東京大学名誉教授、他の方の講演会とシンポジウムが開催されました。
 
数奇屋大工の方、左官職人の方、学者の方のお話しをうかがい。改めて日本の建築の奥深さを感じました。