• 築3年の「呼吸する家」こだわりのお庭が新緑満開

  • Q:お庭こだわりのポイントは?

    庭でこだわったのは、里山風です。
    我が家は、和モダンのコンセプトなので芝生や、イングリッシュガーデンなどはもともと考えていませんでした。
    最初は庭に石を敷き詰めるつもりでしたが、人工的になってしまうため、代わりに通路に四角い石を並べる方法を思いつき、これがとてもよかった気がします。
    我が家の特徴は1本を除き、冬はすべて枯れてしまいます。
    最初、冬がさみしいって思ったんですが、その分、春がすっごくワクワクします。
    春から夏にかけて、いろんな緑が重なりとても癒されます。
    夫は出勤前に庭を見て、幸せそうです。

築3年の「呼吸する家」こだわりのお庭が新緑満開

もう一つこだわったのが キッチンから緑が見えて「蝶が見える」ということ。
実家のキッチンも、夏ミカンの木があり母は蝶が飛ぶ姿を見ながら台所仕事をしていました。
エントランスも畳をイメージした和風になっていて地面にライトを埋め込んだのが、とても気に入っています。
玄関横のシマトネリコも大きくなって、素敵なシンボルツリーになりました。

  • Before

    築3年の「呼吸する家」こだわりのお庭が新緑満開

    新築時(約3年前)

  • After

    築3年の「呼吸する家」こだわりのお庭が新緑満開

    家は樹木が育つことで風格が増して、落ち着きが出てきます。
    緑があると安定します。
    シンボルツリー(シマトネリコ)も大きくなって素敵です。

  • 築3年の「呼吸する家」こだわりのお庭が新緑満開

  • 築3年の「呼吸する家」こだわりのお庭が新緑満開

2世帯それぞれの木調の表札とポストの足元にも緑がバランスよく配置。

  • 築3年の「呼吸する家」こだわりのお庭が新緑満開

  • 築3年の「呼吸する家」こだわりのお庭が新緑満開

  • 築3年の「呼吸する家」こだわりのお庭が新緑満開

通路に並べられた四角い石が印象的で奥行きを表現されています。

築3年の「呼吸する家」こだわりのお庭が新緑満開

冬はすべて枯れてしまいますがその分春が待ち遠しい!