• 「呼吸する家」の良さを一番感じているのは単身赴任中のご主人です

  • ●家づくりのきっかけは?

    転勤が多く賃貸住まいでしたが、子供が成長するにつれてせっかく仲良くなったお友達と離れるのがつらくなり、どこかのタイミングで定住したいと考えていたところ、奥さまの両親の実家を二世帯住宅に建替えようという話になりました。
    最初は住宅展示場やハウスメーカーを見て回ったり、インターネットで少しづつプランを考えていきましたが、住宅展示場はどこも建物が大きすぎてピンときませんでした。
    (取材にご協力頂いた当日、単身先からお車で帰宅されていたご主人。
    ご家族の中で「呼吸する家」の良さを一番体感されています。)

  • ●オンリーハウスに決めようと思ったのは?

    「呼吸する家」の工法や太陽発電パネル、オール電化など決め手になるポイントはたくさんありました。
    細かい要望や収納に関してのこだわりを長々と話につきあってくださり、こちらの注文を最大限に取り入れようと動いてくださり、とても信頼できると実感しました。
    また、実家の近所のオンリーハウスさんの評判は前から聞いていましたし、また近所で大手メーカーで建てた方の声では、電話しても担当者がわからなかったり時間がかかると聞いていました。
    家は何かあった時にすぐに相談したり電話できる地元の会社にしたいと思い決めることに実際お願いして本当によかったです。

  • 「呼吸する家」の良さを一番感じているのは単身赴任中のご主人です

  • 「呼吸する家」の良さを一番感じているのは単身赴任中のご主人です

  • 敷地を有効活用し、駐車スペースは最大4台も。
    北側斜線制限への対応と南側には太陽光を沢山搭載。
    デザインも美しく、シンプルにまとめた外観。

  • 「呼吸する家」の良さを一番感じているのは単身赴任中のご主人です

  • ●住まいづくりの途中のエピソード

    実家の土地なので限られた面積に二世帯6人家族が住みやすい間取りや収納力を作っていただくことろが非常に難しい点でした。
    同時に検討していた他の会社からは2階の上に大な小屋収納を提案してもらった会社もありましたが、梯子での出し入れは面倒な気がしてお断りしました。
    対して1階と2階の中間に設けた大型収納はとても魅力的でした。

  • ●住まい心地はいかがですか?

    お父様の知人に「呼吸する家」の住み心地はどうですか?と聞かれました。
    覚えやすいネーミングが良いですね。
    二世帯分の光熱費はさすがにプラスにはなりませんが、約半分になっています。
    太陽光とオール電化にして良かったです。
    また、このインタビューで初めて気づきましたが「結露がない」です。
    無いことすら忘れるくらい快適に暮らしています。
    更に単身赴任中のご主人が一番「呼吸する家」の住み心地を体感しており、「単身先からここに帰ってくるとぐっすり眠れる」「湿気がなくエアコンを少しつけるだけで快適」とのこと。
    他には外の車の音が気にならないのも特徴です。
    湿気が無く快適に過ごせて、最初からのこだわり大収納がお気に入りです。
    もしこの大収納が無かったら二世帯の荷物が部屋の中に出てきて人を呼ぶことができませんでした。
    大収納付き「呼吸する家」にして大正解です!
    (収納が大活躍中。少し余裕があり、天井の高さも気になりません。)

  • 「呼吸する家」の良さを一番感じているのは単身赴任中のご主人です