• 季節の変わり目に風邪をひかなくなり、お医者さん要らずの生活です。

  • ●家づくりのきっかけは?

    以前住んでいた栄区の地域が高速インターチェンジの計画範囲となり立退きとなりました。丁度築40年近くになり夏は涼しかったのですが、冬の寒さが耐えられなくなっていたので、思い切って住み替えをすることにしました。
    その頃、母の介護中で高低差があり車いすでの移動など不便だったので新しい住まいは南向きで高低差の少ない道路と平坦な場所にしたいと思っていました。

  • ●オンリーハウスに決めようと思ったのは?

    自然で冬暖かいこと、結露が無いと評判だったことが大きいです。
    また丁度、太陽光発電はつけようと思っていたこところ、まだそんなに普及していなかった時期にオール電化住宅をいち早くオンリーハウスさんが推奨されていたので、国や市からの補助金も使ってオール電化住宅にすることができました。
    また、既にご入居者されてたお家を見学に行った時に見たオルスバーグ(蓄熱暖房)もほっこりあったかく深夜電力を使いつけっぱなしでも安全なことも気に入った理由のひとつです。

  • 季節の変わり目に風邪をひかなくなり、お医者さん要らずの生活です。

  • 季節の変わり目に風邪をひかなくなり、お医者さん要らずの生活です。

  • 季節の変わり目に風邪をひかなくなり、お医者さん要らずの生活です。

  • 季節の変わり目に風邪をひかなくなり、お医者さん要らずの生活です。

  • ●住まいづくりの途中のエピソード

    土地探しと同時に、総合住宅展示場へ行ったり、客観的な情報収集のために「朝日新聞社」さんの住宅セミナーやバス見学会、「リクルート社」さんのSUMMOウンターが主催するセミナーなど5~6回参加して今どきの住まいの情報を夫婦で出向いて勉強しました。
    その中に、冬暖かい家を希望し「高断熱で高気密な家」と思い勉強していたところ24時間換気が必要という話を聞いて、少し違和感を覚えました。確かに高断熱・高気密で暖かいのは良いのですが24時間ずっと機械が動いている家というのは何か機械的でしっくりこない気がしていました。
    また、住宅展示場が大きすぎて自分達の実際に建てたい家のサイズとかけ離れて余り参考にならないと感じていました。

  • そんな時、リクルートのスーモカウンターで自分たちの希望や、それまで勉強してきたことへの感想などを話していたところオンリーハウス(株)スズコーさんを紹介してもらいました。
    すぐに営業担当の方に特徴などを聞き、実際にモデルハウスや構造見学会、WB工法のセミナーにも参加し24時間換気不要で家が自分で呼吸する家に興味も持ち、具体的に間取りや見積りを依頼しました。
    (弊社監督木村と共に)

  • 季節の変わり目に風邪をひかなくなり、お医者さん要らずの生活です。

  • 季節の変わり目に風邪をひかなくなり、お医者さん要らずの生活です。

  • ●住まい心地はいかがですか?

    快適です。当初の希望「冬暖かく、夏涼しい」生活ができています。また結露が少ないのも嬉しいです。
    太陽光を付けたので住み替える前の家の光熱費と新居との比較表を作りましたが、お陰さまで電気代はH22~24年はマイナスで儲かっていました。ただ残念ながらH24から電気代が値上がりしたため今は年3,000円程プラスになっています。が、これが太陽光発電をつけてなかったと思うとぞっとします。
    また数字やはっきりした理由はわからないのですが、新居に引っ越してから5年間、一度も風邪をひいていません。それまでは季節の変わり目はお医者さんに通っていたのに本当に不思議です。「呼吸する家」の空気がキレイなことが原因なのかな~と話しています。

  • 季節の変わり目に風邪をひかなくなり、お医者さん要らずの生活です。

    TVコーナーの壁をウッドブラウンにして落ち着いた雰囲気ながらもリビングのアクセントに。

  • 季節の変わり目に風邪をひかなくなり、お医者さん要らずの生活です。

    IHコンロや引き戸キッチンは『今ではとってもお気に入りです』とオススメ!